Jan 04

某dinnerで、以前から気になってたLos Gatosの超高級レストランにデビュー! たぶんMichelin 三つ星店自体これがデビュー。

  Manresa
  320 Village Ln, Los Gatos, CA 95030
  408-354-4330
  Yelp: (reviews / see rating)

入り口前まで進んだら向こうからドアをあけてお出迎え。冒頭から気が利いてる。

とりあえずビール。あまり聞いたことないIPA。おつまみにPetit fours “red bell pepper-black olive”, Granola crisp with goat cheese.

Shigoku oyster, caviar and leeks. お酒はRoseの泡。

Sea urchin, kombu and sea lettuce

Geoduck with burdock root and shellfish essence. 食事 $295に加えてBeverage pairing $235と、完全に身分不相応でびびったけど、このレベルで中途半端にケチってもしょうがないと腹をくくって挑戦。最初のお酒はLavantureaux, Chablis “Bougros” 2017。

Vegetable garden。お酒はMercy Mercy、レストランとSante Adairius Rustic Alesのコラボビールらしい。

Kinmedai with Dungeness crab and cabbage。お酒: Schäfer-Fröhlich, Riesling, “Felseneck – Großes Gewächs” 2017。

Risotto with Alba white truffles。Trufflesの香りがすごい! お酒: Julien Pilon, Saint-Joseph “Dimanche à Lima” 2014。

Scallops, orchard morels with farro verde。お酒: Alzinger, Grüner Veltiner “Durnstein” 2018。

Pigeon agnolotti with chestnut and black truffle。お酒: Pierre Gonon, Saint-Joseph “Les Oliviers” 2017…とメニューには書いてあるけど写真見ると違うような。

Rib eye, cauliflower mushroom and kohirabi。お酒: Chateau Leoville-Barton, Saint-Julien 2006。

チーズとport wine。

デザート: Avocado leaf, apple and Parmesan; Chocolate, pink peppercorn, grapefruit and pear; Petit fours “strawberry-chocolate”。お酒: Királyudvar, Tokaji “Patricia – Muskatoly” 2012。

さすがの三つ星で食事もサービスも言うことなかった(もっともサービスは星には影響してないらしいが)。そもそもManresaの方がレベルが上なんだけど、良かった頃の某Alexander’sで味とサービスに感動して、いいサービスにお金を払うというのはこういうことかと思ったのを思い出した。18時開始で、会計が終わったらほぼ23時と、5時間もいたことになるけど、サーブされるタイミングも申し分なくて待たされてるような感じは全然なかった(まあ後半は酔っ払っててよくわかってないだけかもしれないが)。料理はどれもエレガントかつくどくない感じで当然完食、(アメリカでは)禁断のデザートまで完食してしまった(固定のコースの一部だから食べないわけにもいかないというのもあるんだけど)。

問題はお値段も言うことなしってところ…本当にいいものならpricelessってことはあるんだろうけど、自分自身がその価値を十分に理解できるかという点も含めて価格に見合っているかどうかと考えると悩ましい。まあそういうことが気になる時点で不相応ってことなんだろうけど、一生に一回くらいはこういうレベルを体験するのも悪くないとは思う。

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):