Jun 20

More… »

Jun 13

More… »

May 23

More… »

May 16

More… »

May 09

More… »

May 03

例年、正月に(下記注)前年の収支を元に家計を見直して、ついでに資産運用状況も確認することにしている。過去3年の例にならって今年もその結果をまとめてみた。

注: 実際の作業は正月にしていて、このblogの内容もその時点でほとんど完成していたのだが、諸般の事情で投稿できる状態になるまでに4ヶ月もかかってしまった。資産配分状況等については、現時点(2021年5月頭)の状況とはすでにそれなりの差が生じているが、基本的に執筆当時の内容のままとしている。

運用資産全体の状況

2020年の運用利回り(内部収益率で計算)は13.12%。Covid 19による暴落が挟まった波乱の年だったが、通年で見れば世界の株式市場は19年に続いて大幅高(たとえばS&P 500は15%超の上昇)で終わり、基本的に手持ち資金を随時index fundに投入するだけのスタイルである筆者の運用成績もそれに追随して良好だったことになる。運用開始の2002年以来からの通算利回りは1年前の5.81%から6.66%に上昇、目安としている6%を上回り、渡米以降の年では最高値を更新した(渡米前は累計の期間が短く総残高も小さかったので通算利回りの幅も振れやすかったことを考えれば、運用開始以降の最高値と言ってもいいかもしれない)。
More… »

May 02

More… »

Apr 25

More… »

Apr 18

More… »

Apr 11

More… »