Dec 25

クリスマス。スタバでさえ閉まってしまうという恐ろしい日だが、そんな餓死の危機を救ってくれるのが中華系。ほとんどのレストランが休みの中、経験上Chineseは開いてることが多い。

ということで、以前から気になってたMilpitasの四川・湖南屋に挑戦してみることにした(念のため電話して開いてるのを確認)。

  Chili Palace Restaurant (奇峰阁)
  177 W. Calaveras Boulevard, Milpitas CA 95035
  408-935-9628

ここの存在は、以前AAAの会報をぱらぱら見ていて発見した。その記事によれば、四川だか湖南だか出身の人が、この店に来ると故郷の味を思い出して涙してしまうというくらい本格的なのだそうで、本格ぶりはともかくとしてシリコンバレー辛いもの調査隊員としては是非一度行ってみなければと思っていたのだった。

お店のweb pageにも、

one of the very few Chinese restaurants in the Bay Area that serve authentic dishes from the Hunan and Szechuan provinces

とある。

大体、アメリカの中華は基本的に甘い味付けのことが多くて舌に合わない。localizeがすべて悪いとは言わないが(たとえばお寿司のCalifornia Rollみたいのは、とりたてて好きでもないけどありだとは思う)、甘い方に調整されるAmericanizeはいただけない。bayの西側にあるChineseは残念なことにこの手のlocalizeが入ってることが多く、ほとんどの料理に甘辛ケチャップソースみたいのがかかっていてがっかりさせられる。(ちなみに、某氏から「砂糖抜き」で注文するという技を教えてもらったが、店によってはそれが通用しないこともある)

ということで、まともに辛いものが出てくることを期待して訪問。Milpitasはちょっとした中華街になってるのか、全般的にまともなChineseが多いという印象があるが、ここも漢字だけのメニューがあったりして、それなりに本格っぽさが感じられる。

一応「平日」なので、お得でスープもついてくるlunch specialをやってないかと思ったんだけど、残念ながら休日扱いだった。で、迷ったけどマーボ豆腐を選択。

やや甘みも感じられるものの、まずまずの辛さ。一応個人的には食べて汗をかくかどうかを合格ラインに設定しているのだが、その点では合格だった。Milpitasにあるその他のChineseと比べて特別authenticというほどではないような気もするが、近くにあったらまた行きたいと思うレベルではある。Milpitasはいかんせん遠いのが難点。あと、やはり複数人数で行っていろいろ食べてみたい。このレベルのお店がbayのこっち側(かつできればPalo Alto近傍)にできてくれると嬉しいんだが。

なお、クレジットカード払いは$15から。

コメント 1 件

  1. Chili Palace再訪 Says:

    […] 麻婆豆腐。はじめて来たときにも頼んでいま一つぴんとこなかったんだけど、中国語メニューで頼んでみてもとくに違いを感じず。ここはやはり麻婆豆腐の店ではないってことかな。 […]

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):