Jul 30

自費延泊でQuebec観光デー。とりあえず起きて街中で朝ご飯。8時前くらいだけど、さすがに道もガラガラ。


朝飯: insideを選んでから三脚持参じゃなかったことに気がついてちょっと撮影意欲減退…

とりあえずチェックアウトして、観光へ。基本的にMichelin緑本の2つ星(recommended)を回るプラン。ちなみにQuebec City内には3つ星スポットはない。

Hôtel du Parlement(地図1番)。ここのガイドツアーはタダなので貧乏人向き。Michelinではphoto ID requiredとか書いてあったけど、要求されなかった。

Parlement内レストラン。一般の人でも入れるらしいけど、高そう…

続いて前日に続いてCitadelleへ(地図2番)。この日はガイドツアーで内部の見学。

ちょうど衛兵(?)の交代やってた。

Citadelleガイドツアー

大砲、飾りかと思ったら本物らしい…

Headquarterの紋章、実物と絵で王冠が違うのはking仕様とqueen仕様の差(という説明だった気がする…)。”22″は当時の州の数らしい。

攻め込まれた場合に最後に立てこもる建物、らしい。壁の穴は銃を打てるようにするための隙間。写真2枚目は穴を建物の中から見たところ(こういう状況はコントラスト強すぎて写真が難しい…この辺にデジイチ初心者の限界が…)。

名前付き大砲(確かCatherineとか何とかだった)。回転用のレール(2枚目)が中途半端に終わってるのは、敵に乗っ取られた場合に要塞に向けて発砲できないようにするためだそうな。

砲台はさすがに見晴らしがよい

…という感じで見学終了。このツアーはなかなかよかった。

Upper town中心部まで行って軽く昼飯(地図3番)。夕方早い時間に空港近くまで移動しないといけないので、晩飯のスケジュールも考えてスープ+おやつのみ。イタ飯屋でminestroneでも飲むかと思ったけど、せっかくフランスに来たからにはonion soup飲んでおくか、ということで考え直し。

Frontenac前の広場(地図4番)。Michelin2つ星なんだけど、何の変哲もない単なる小さな公園という感じ…。関係ないけど、このあたりForerunnerの記録がやたら乱れている。高いビルに囲まれてたり建物の中に入ったりしてたところで混乱してたか?

Château Frontenac(地図5番)。この日は内部も偵察。どう見ても興味本位の観光客(!=宿泊客)みたいな人がロビー周辺にあふれてたけど(自分もだけど…)、こういう高級ホテルってそういうの嫌がらないのだろうか?

Ursulines Museumと横の教会など(地図5番)。時間余ってたから入ったけど、ここはお金払って行くほどのことはなかったかも…

Notre Dame de Québec

Séminaire de Québec(地図6番)。Michelinにはguided tourもあるとか書いてあるけど、敷地内の看板に結構詳しい説明があるのでそれを見ながら歩くだけでも十分という感じ。

というあたりで観光ほぼ完了。早めのご飯のために坂を下ってlower townへ。

晩ご飯。某氏がムール貝三昧したというseafood屋。

  Poisson D'Avril
  115, quai Saint-André, Québec, QC

地図では7番。tripadvisorの評価は割れてたけど、まあ明らかに悪いという感じではなさそうだったし、こってり系肉料理が続いてたのでseafoodもいいかなってことで。ムール貝は週の前半で食べてるので、少し変化球でBouillabaisseを発注。軽めとはいえ昼を食べてからあまり時間たってないので、前菜とかスープなしで(まあBouillabaisse自体がスープみたいなものだが)で一本勝負。

Bouillabaisse、ちょっとスープの味が薄いかなーという感じ。

デザートは抜き、と思ってたんだけど、一応メニューを見たら”Creme Brulee of the day”の”of the day”の手づくり感にむむと思って発注。確かに昼に食べた方はカップもプラスチックで、どこかに外注してるかのような感じだったけど、それに比べてこっちのがおいしかった気がする。

ということで全行程完了。ホテルに戻って荷物をgetし、タクシーで一晩の宿へ。超繁忙期だからか、甘く見てたらdowntownでは全然宿が取れず、結局空港そばまで移動して泊まることに。どうせ翌日は飛行機乗るだけだし、時間も朝早めなので、晩ご飯さえ食べてしまえばdowntownから離れてても問題はない。

  Grand Times Hotel Quebec City Airport
  6515, Boulevard Wilfrid-Hamel, Québec, QC

部屋は全室禁煙で結構広くて快適。立地的に不便なせいかお値段もdowntownよりは一回り安め、という感じで結構正解だったかも。ただ、空港への足が結局タクシーなのが惜しい。立地条件的に無料シャトルバスとか出してくれてたら完璧だったんだが…

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):