Jun 18

渡米以来、ずっと一人でジョギングしていた(何度か某CCJC活動に参加しようと思ったこともあったがなんやかんやで行かないままになっていた)のだが、一緒に走る知り合いを作るのもいろいろな意味で有益かもと思い、ちょっと検索してみたらPalo Altoに著名なrunning clubがあることがわかった。その名もPalo Alto Run Club

某KJCみたいないい加減な集まりじゃなくて、一応ちゃんと申込書を出して年会費($20なので額は大したことないが)を払うきっちりしたclubのようで、ちょっと身構えてしまうものの、問い合わせてみたら2回くらいはお試し参加もありとのことだったので練習に参加してみた。

水曜日のメニューは約5マイル程度の市街地をもくもくと走るというもの。週ごとにルートを変えているようだが、今日はEdgewoodというコースだった。Gmaps Pedometerで測ったところではぴったり5mile強程度。

走り出しはゆったり気味だったので、とりあえず4-5名の先頭のグループに付いていってみたら、しばらくしてペースが上がり出して結構速いことに気がつく。体感で1kmあたり4分台前半という感じ。ときおりベテラン風の参加者が”six twenty”などと言っていたので、おそらくマイルごとのラップタイムだとすると、やはり4分そこそこでいっている計算になる。

日頃の割合ゆったりなjoggingペースからすると相当速く、オーバーペースかも、という気もしたのだが、コースを知らないので付いていくしかない。しばらく走った感じでは5マイル程度なら持ちそうだと感じたのでそのまま行くことにした。

後半になってさらに数名が脱落し、結局ゴール時点では自分を含めて3人。思ったよりは余力が残っていた。デブ対策という主旨ながら、ここのところまあまあの距離を走り込んでいたのが奏功したか。途中Middlefieldを超えるところで立ち止まった隙に時計をリセットしてしまったので正確なタイムがわからないが、たぶん32分程度と思われる。

少し気合いを入れれば普段より速いペースで刺激を入れられる、という意味では結構いいかなと思った。今日の先頭集団のペースが普段と比べて速いのか遅いのかわからないのでなんともいえない部分もあるけど、頑張れば先頭のグループに付いていける、というレベルはモチベーションを維持するのにはちょうどいい。ちなみに、フルマラソン2時間台の強者も何人もいるらしく、上の方のレベルは結構高い模様。難点は、コースがアスファルトなのでちょっと脚に悪いという点か。

参加してるメンバーはfriendlyな感じの人が多く(まあそれはこの辺りのエリア一般にいえることだが)、そういう点ではそれなりに楽しくやれそう。

ということで、とりあえずもう一回は参加してみようと思う今日このごろ。

走った後、無性にTofu Houseのtofuが食べたくなったので久々に行ってきた。毎回同じ(レンズでの)写真というのも芸がないので、今回は50mmマクロ一本のどアップ写真で勝負。

キムチ類:

Combination tofu. extra hotと言って注文したんだが、ちっとも辛くなかった。American standardに(お店が)毒されてるんじゃないかと心配。

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):