Sep 28

自作のSan Francisco Bay Areaレストランリストを自己満足でAJAX化してから3ヶ月。

これで自己満足的にはあまり問題なかったのだが、これまで「San Francisco レストラン」あたりでぐぐった結果トップに表示されていたリストページが上位から(これを書いてる時点で)漏れてしまっていることに気がついた。

別にこれで生計を立ててるわけでもなく、所詮自己満足なので検索順位が下がろうと大した問題ではないのだが、最上位に表示されるということ自体が一つの自己満足の種だったのでちょっと悔しい。

もちろん、コンテンツとしての価値が相対的に下がったというまっとうな理由である可能性も否定はできないが、新しいページがあまりにJavaScriptに依存していて検索エンジンと相性が悪いということもあるかも(なにしろindex.htmlのbodyにはほとんどscriptタグだけしか存在していない)、ということで、オーソドックスなHTML版も用意することにした。


単なる見栄のための理由以外にも、JavaScript版や、XMLソースをXSLTで整形したものは、iPhoneとの相性が悪く、電話番号部分をタップしても電話をかけられないという実用上の問題もあった。素直なHTMLにすることでこれも解消できる。なお、XMLを直接整形表示すること自体、以前のiPhoneではできなかったが、2.0以降になってXML関連のサポートが進化して、ブラウズだけはできるようになった。

ついでなので、一部の写真をサムネイルとしてリストに直接表示させるような改訂も加えてみた。JavaScript版では、これはgoogle map上のピンをクリックして出てくるWindow内に表示される。

なお、HTML版は、XMLで管理しているソースをpythonで書いたscriptで処理して生成している。この手のやっつけ仕事の例に漏れず、ごりごり力技で書いていて、しばしばエラー処理もさぼったりしている汚いソースだけど、一応リンクを張っておく。

HTML版の再導入によって失地挽回はなるだろうか…。

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):