Jan 23

あこがれのバイナリアンな方々とIberiaで晩飯。ここは全般的に暗くて写真撮影には厳しいというのが難点なんだが、この日は比較的いい条件だった。予約を取ろうと電話をしたら「ちょっと待ってね」などと日本語で返されてびっくり(当然こっちは英語しか話してない)。外国人発音だというのはもちろんだけど、(主に)日本語を話す人だというのはどうしてわかったのだろう…

ということはともかく、ここはいつもながらおいしい。

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):