Sep 21

More… »

Sep 14

More… »

Sep 13

諸般の事情により、フルマラソン1回しか走ってないにも関わらずUltra Marathon(100マイル)デビュー! といっても観戦(サポート)デビューだけど…

サポート中はばたばたしてたので写真なし。これは2日目のゴールのあたりの写真。

More… »

Sep 11

ラーメン好き某同僚との(ほぼ)月例新規店開拓会。

  Men-Bei
  1349 Coleman Avenue, Santa Clara, CA 95050
  (なんとぐぐっても電話番号が載ってない!)
   (reviews)

More… »

Sep 07

More… »

Sep 06

(FI Planning再掲載を機会にだいぶ前にtwitterでつぶやいた内容を加筆・修正してブログ化しました)

1年ほど前に転職したところ、福利厚生周りでいろいろ再考しないといけないことが多くて難儀した。とりわけ苦労したのが健康保険周りで、前の職場になかった「医療費口座付き高免責プラン」(HDHP+HSP, High Deductible Health Plan with Health Savings Account)というのが新たに選択肢に加わったため、(アメリカで生活するため以外には何の役にも立たない知識をまた一つ)一から勉強し直すはめに。

万人にあてはまる法則はない(Fiananceに関する話一般にいえることだけど、その上に保険プランや雇用者の補助の違いが大きいため)と思うが、あえてexecutive summaryを挙げるとするとこんな感じ:

  • HDHP+HSPとそうでないプランが用意されてる場合、自己負担の損得は慎重に計算する必要がある。にわかには明らかでないし、よく言われているように普段の医療費が少ない人のみHDHPが有利とも限らない
  • (キャッシュフローが許す限り)HSPは医療費用途の積立としてではなく運用口座として使うことをまず検討すべき
  • とくに運用口座として考えると、健康保険に抱き合わせのHSP口座はおそらく粗悪。抱き合わせ口座にとらわれずベストの口座を探してそれを使うべき
  • 転職してはじめてHDHP+HSAになったような場合、(税金処理上のトラブルを裂けるため)少なくとも翌年末まではその保険を維持するのが望ましい
  • (かなりローカルだけど)カリフォルニアではHSAへの拠出は所得税控除対象でない。しかもcalfileも使えなくなる

More… »

Aug 31

More… »

Aug 24

More… »

Aug 17

More… »

Aug 11

牛角でお肉の会。