Jan 03

というわけで、なんとか指定された時刻前に港にたどり着いた。Pier内にあるIsland PackersのOxnard officeでcheck in手続き。ここで予約を確認するまで、まだ自分が正しい場所にいるのか半信半疑でちょっとどきどきしていたが、これで一安心。


以下の地図にトレースした経路はボートの航路(行きが赤、帰りが青)。

定刻の10分前から乗船。ボートはダイビングなんかでありがちなサイズの小型船。

一応室内空間もある。予約時に(お昼ご飯に加えて)ジャケットを持参するように、と言われていたのでそれなりの格好で行ったが、室内にいればたぶんシャツだけでも大丈夫(島に渡ってしまえば暖かかった)。

途中でイルカと遭遇。

Anacapa島が見えてきた。左端のアーチ状の岩が特徴的。

1時間10分ほどで島に到着。クレーンみたいな機械があるのがやや無粋だが、これは夏場にダイビング機材なんかを運ぶのに使うものらしい。なお、海の上に浮かんでいる茶色いのはgiant sea kelp。

とりあえずvisitor centerで昼飯。

飯後、一緒に船で渡ってきたvolunteerのおねいさんが先導するハイキングツアーに参加。以下の地図で、赤線でトレースした経路はすべて徒歩。ということからわかるようにAnacapa島(のうち、ボートで渡れる東端の小島)はかなり小さい。

この島固有のいろいろ変わった植物があるらしいのだが、詳しくないので違いがよくわからない。なお、本土から持ち込まれて繁殖してしまった植物も結構あるらしく、いまはそれをなんとか取り除こうとしているところらしい。

島の中央北側の崖から下を除くとアシカの群れが。こういうところに来ると、やはり望遠レンズが欲しくなってしまう…

(小)島の西端の名所、inspiration pointへ。

Inspiration pointからの眺め:

ガイドツアーは終わり、あとは自分の足で散策。以下は島の中央、南側の崖近辺(Pinniped Point)。

Visitor centerを超えて、東端の名所・灯台まで足をのばす。

というくらいで、観光時間完了。島にいたのは大体3時間半くらい。こじんまりした島だけに、それでも時間を持て余すのではないかとちょっと心配していたが、結構楽しめた。

階段を降りて船着き場へ。

帰りは島の南側に少し寄り道。

鳥とアシカの楽園だった。

帰り道でもイルカに遭遇。ただ、なかなかこれという写真は撮れない…

ということで無事帰還。volunteerのおねいさんguideがとても親切で、おかげでシーズンオフながら結構満足できた。volunteer guideが毎回つくのかどうかはわからないけど、これで$45はかなりお得だと思う。

コメントを投稿 / Submit Comments



(あれば / Optional):